幼児教育に関する免許

レディ

免許の特徴について

幼稚園教諭になるためには、専門の免許が必要です。免許には普通免許と臨時免許の二つがあり、普通免許については大学などの教育機関を卒業すると自動的に授与されます。臨時免許は、雇う側が人材不足の時に緊急措置として申請するものです。応募者が希望して授与されるものではありません。臨時免許が与えられれば、普通免許を持っていなくても幼稚園で働くことができます。幼稚園教諭の普通免許は、更に三種類に分けられます。専修免許は、幼稚園教諭養成課程のある大学院を修了後に与えられます。一種免許を取得するためには、幼稚園教諭養成課程のある大学を修了することが必要です。二種免許に関しては、専門学校や通信教育で勉強すれば取得できます。大学や専門学校などで幼稚園教諭免許を取得すると、全国の幼稚園で教諭として働くことができます。幼稚園については、公立や私立を問わず就職することが可能です。免許の種類によってできる仕事やできない仕事がある訳ではなく、働く内容は全く同じです。ただし、学歴があるほど給与面で優遇されます。幼稚園教諭免許とよく似た資格に保育士免許があります。ただし、取得する方法は全く異なります。保育士の場合は国家資格になるため、指定の学校を卒業後に国家資格に合格する必要があります。ただし、幼稚園教諭免許の普通免許を取得すれば保育士の国家試験の一部の受験科目が免除されるという特典が得られます。幼稚園教諭の免許状は、保育士免許取得にも役立つのです。