教育に関する資格について

パソコン

上級の資格が選ばれる理由

幼稚園教諭の資格には種類があり、それぞれ取得方法が異なります。いずれも各都道府県の教育委員会から授与される形となっており、取得すれば全国の公立及び私立の幼稚園で幼稚園教諭として働くことが認められます。幼稚園教諭の一種免許状は、四年制の大学で教育学部の幼稚園教諭養成課程を修了することで与えられます。対して二種免許状は、短期大学や専門学校の幼稚園教諭コースを修了することで取得することができます。その他に、通信教育で取得するという方法もあります。一種と二種の他に専修免許状という種類もあり、この資格を取得するには大学院で修士課程を修了する必要があります。まとめると、幼稚園教諭資格には三種類の資格があるということになります。ただし、種類が異なるからと言って従事できる仕事内容に差がある訳ではありません。幼稚園に就職したら、同じ内容の仕事を任せられることになります。ただし新卒の給料を比較した場合、大学卒業に該当する専修免許や一種免許を持っている人の方が高額になります。待遇面で見ると、専修免許や一種免許の方が有利になるのです。そのため、幼稚園教諭になる人の多くが専修免許や一種免許の取得を目指します。その方が就職先での待遇が良くなりますし、幼稚園教諭を養成する教員としての道も開けるためです。幼稚園教諭の養成教員を目指す場合、大学院で勉強をして専修免許を取得しておく方が有利になります。就職の幅が広がることから、年々専修免許の人気が高まっています。